バルデナフィルとはどんな成分なのか

バルデナフィルとは特定部位による
血管拡張作用によってED治療に用いる医薬成分になります。

EDの原因となる酵素PDE5を阻害して
元気な状態を維持させる働きが期待できるというものです。

シルディナフィルと働きがよく似ているのですが
バルデナフィルはシルディナフィルの改良版
いえるかもしれません。

そこで今回はシルディナフィルとバルデナフィルの違いを
いくつかチェックしてみることにします。

効果があらわれる時間の違いは?
シルディナフィルの場合は効果があらわれるまでだいたい40~50分程度かかりますが、バルデナフィルの場合は通常15分~30分という即効性が期待できます。
食事やアルコール摂取後でもOK?
シルディナフィルの場合はアルコールによる影響が受けやすく、食後は効果が出てくるまで時間がかかってしまうのですが、バルデナフィルの場合は比較的影響は少ないです。ただ、やはり空腹時の方が即効性は高いでしょう。
価格の違いってあるのでしょうか?
どちらもジェネリック医薬品がありますので、比較的安価に購入することができますし、大きな価格差というものはありません。

以上のような質問をみていると
バルデナフィルはシルディナフィルの改良版だという事が
よく分かるような気がしますね。

当サイトでも、バルデナフィルが主成分である
ED治療の医薬品を紹介していますので
よろしければチェックしてみて下さいね。

⇒ バリフの効果と通販情報

充実したナイトライフを送ろうと思えば
できるだけ安く購入したいって思いますよね。

やっぱり常に最安情報を把握しておきたいところです。

バルデナフィルの副作用としては
重篤な副作用は報告されていません。

ただ、軽度の副作用として
鼻づまりや頭痛等の報告が多いです。

また、視覚障害等を起こす事もあります。

これらは時間とともに回復していくものですので
さほど気にする必要はありませんが
ひどく異常を感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

バルデナフィルの注意点
心臓病を患っている方や極度の低血圧の方は使用しないようにしましょう。ご使用前にはかかりつけの医師に相談することをおすすめします。