トレチノイン 効果 ハイドロキノンとの関係 格安通販

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは
ビタミンA(レチノール)の誘導体であり
ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものになります。

つまりトレチノイン酸という成分は
誰でも血液中にごく微量ですが流れているということになるので
アレルギー反応を起こす心配がないという特徴を持っています。

トレチノインはアメリカのFDAに認可されていて
しわ、にきびの治療薬として多くの方に使用されています。

トレチノインの皮膚の作用としましては

角質をはがし、表皮皮膚細胞の分裂による皮膚再生を促進させ
皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。

真皮でコラーゲンの分泌を促進し
長期的にシワの改善やハリのある肌をもたらします。

表皮内でのヒアルロン酸などの分泌も促進し
お肌の潤いやみずみずしさを取り戻す作用があるとされています。

このように、にきび治療だけでなく
お肌の若返り作用も期待できるトレチノインですが
一般的にはハイドロキノンと併用する事が多いのです。

ですので、それぞれの効果の違いをしっかり把握して
自分のお肌の状態にあった治療を考えていきましょう。

トレチノイン画像

 

 トレチノインとハイドロキノンを併用するワケは?


トレチノインとハイドロキノンは併用される事が多いのですが
その理由はそれぞれ得意分野が違うからと言えるでしょう。

例えばシミなどの治療を例にとった場合

ハイドロキノンは
皮膚でメラニンを生成する酵素の働きを阻害し、
メラニン生成を抑制するはたらきがある
いわゆるお肌の漂白剤のようなものです。

トレチノインは
古い角質をはがし、皮膚の再生を促進させることで
メラニン色素をはがすという効果が期待でき
その後もお肌の状態をきちんと保つ効果が期待できるのです。

同じ美白や美肌を目的とした成分でも
その作用が違うので併用する場合が多いと言えるでしょう。

 

 トレチノインは副作用ってないの?


トレチノインはビタミンA誘導体ですので
アレルギー反応は無いとされているのですが副作用が無いという訳ではありません。

主な副作用としては
かぶれ、発赤、刺激痛などが報告されています。

一過性のものだという口コミも多くみられますが
使用していて異常を感じているのに使い続けるのは危険ですので
すぐに使用をやめて医師に相談するようにしましょう。

また、ハイドロキノンと併用している場合は
ハイドロキノンによる副作用という事も考えられます。

 

 トレチノインの使用に関して注意点は?


トレチノインでの治療は、必ず医師の指示通りに行うようにしましょう。
ハイドロキノンを使用する場合もそうですが、副作用の心配もありますので
まずはバッチテストを行う事をおすすめします。

バッチテストの方法は耳の裏に少量のクリームを塗って
異常がないか1~2日様子を見るという方法です。

妊娠中または授乳中の女性は使用しないでください。

 

当サイトではトレチノインを主成分とした美白クリーム及び
ハイドロキノンを主成分とした美白クリームの格安通販情報を紹介しています。

 トレチノイン主成分クリーム

エーレットジェル 0.1% 効果 格安通販

 

 ハイドロキノン主成分クリーム

ユークロマ4% 効果と最安購入情報

 

トレチノインの注意点
用法・用量は医師と相談の上、しっかり守って使用しましょう。妊娠中または妊娠している可能性のある人は使用しないでください。ご使用中は紫外線対策に十分注意するようにして下さい。効果・効能は個人差があり、副作用にも個人差があります。