オーリスタットの効果とは

オルリスタット(オーリスタット)とは
いわゆる肥満治療薬であり成分名称になります。

オルリスタット(オーリスタット)は神経系に作用しない ので
副作用が少ないと言われいるとことから
ダイエットのお薬として長く支持されています。

オルリスタット(オーリスタット)が成分としての医薬品では
有名なところではゼニカルがあります。

また、ゼニカルのジェネリック医薬品として
日本でも人気の高いオルリファスト
成分は同じくオルリスタット(オーリスタット)になっています。

当サイトでもゼニカルとオルリファストを
ダイエット医薬品として紹介させていただいているので
気になる方はチェックしてみて下さいね。

 ゼニカル 最安通販情報

 オルリファスト 最安通販情報

オルリスタット(オーリスタット)のはたらきは
脂肪を分解し、吸収するはたらきのあるリパーゼの活動を抑えます。

それによって、余分な脂質が身体に吸収されることなく
体外に排出する作用があります。

基本的には、食事により摂取した脂質を30%ほど
体外に排出するという効果が期待できます。

ダイエット画像01

さて、ダイエット薬として
かなり認知度も高いオルリスタット(オーリスタット)ですが

初めて使う場合や今から使ってみようかと思う場合には
やはり気になるところってあると思います。

そこで、いくつか質問の多い事柄に対して
回答してみる事にしましたのでご確認下さい。

オルリスタット(オーリスタット)の効果は?本当に痩せるの?
オルリスタット(オーリスタット)はアメリカにおける治験の結果、1年間の投与によって60%の成人で5%の体重減少が、27%の成人で10%の体重減少が観察されています。ただ、食欲を抑制するものではありませんし、現状の脂肪を減らす効果はありません。あくまで余分な脂質を体外に排出するという効果のあるものですので、生活習慣等によっても個人差は生じてくるものです。
オルリスタット(オーリスタット)の副作用は?
オルリスタット(オーリスタット)は神経系に作用する成分ではなく、摂取してもほとんど体外に排出されますので、基本的には重度な副作用は報告されていません。ただ、その特徴から頻繁な便意や大量の脂肪の排泄がありますので私生活には注意が必要です。また、副作用が無いといっても使用には医師の指示を仰ぎ、何か異変を感じたらすぐに服用をやめてかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
何か他に注意点はあるの?
オルリスタット(オーリスタット)は脂肪だけでなく脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も阻害してしまうという特徴もあります。ですので、FDA(アメリカ食品医薬品局)からは脂溶性ビタミン補助剤をいっしょに服用するよう勧告しているのです。つまり、オルリスタット(オーリスタット)を服用の際にはビタミン摂取に関して敏感になる必要があります。
オルリスタット(オーリスタット)の購入方法は?その際の注意点は?
オルリスタット(オーリスタット)は合法的に個人輸入も可能ですので、個人輸入代行販売店で通販購入する事が可能です。ただ、ゼニカルなどの有名な医薬品は偽物も多く、ひどい場合には商品が届かないなどの悪徳な業者も存在していますので実績のある販売店を利用するようにしましょう。

普段から脂質の多い食事をしている方には
ムダな脂肪を排出してくれるオルリスタット(オーリスタット)は
とても魅力的に感じられますが

やはり、基本的に食生活や軽度の運動など
生活習慣の見直しをすることで
さらなるダイエット効果が期待できると言えるでしょう。

 ゼニカル 効果 通販

 オルリファスト 効果 通販

オルリスタット(オーリスタット)の注意点
妊娠中・授乳中の方やオーリスタット、その他成分にアレルギー反応がある方は服用を控えて下さい。ご使用前には医師に相談しましょう。栄養吸収が低いと医師に診断されている方や熱帯性スプルー症や特発性脂肪便症などの方も服用しないように注意してください。