Nアセテルカルノシン点眼薬その効果と副作用

Nアセテルカルノシン
現在白内障の症状を改善する効果が期待できる成分として
現在日本でもかなり有名になっています。

今まで白内障の治療は基本的に手術しかないと言われていて
点眼薬は進行を遅らせる効果が期待できるものだけでした。

しかし2010年9月、ロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士
研究チームにより白内障を治療することが期待できる
『Nアセテルカルノシン』という複合アミノ酸を含んだ溶液が
米国特許を取得し、世界的に注目されるようになりました。

ちなみに10年以上にわたり動物と人での臨床実験を行い
医薬品としてEUの安全規格CEマークを大衆薬として取得していることから
すでにEU、東南アジアでは白内障治療薬として使用されています。

そもそも白内障の原因としては

抗酸化作用のあるカルノシンの減少によって
活性酸素による影響を受けやすくなり水晶体の細胞死が増え
細胞再生機能が衰えることによって細胞死が止まらない状態になり
硬く白く濁ってしまうとと言われています。

老化が進むと白内障になりやすいという事もうなずけますね。

Nアセテルカルノシンは点眼することによって
カルノシンへ変化して眼球の水溶液に直接入り込み
酸化防止として働く効果が期待できるので
カルノシンを補って水晶体をガードすることが期待できます。

ですので、カルノシン不足によって白濁りしていた水晶体は
酸化防止の効果によって回復していくと言われているのです。

日本でも特許を申請中ということなので
もし特許を取得した場合
日本での認可にも影響を与える可能性があるかもしれません。

現在は海外での個人輸入でしか手に入りませんので
購入は自己責任になりますのでご注意を。

 

▼Nアセテルカルノシンの副作用は?
マーク・バビザエフ博士はその効果はもちろん
副作用の無い安全な開発を行っていますので
現在のところ、副作用の報告は聞きません。

ただ、お薬ですので使用中に異常を感じた場合は
すぐに使用をやめて専門医に相談するようにしましょう。

目薬女性

 

当サイトでもNアセテルカルノシンを有効成分とした
世界でも有名な点眼薬クララスティルを紹介していますので
よろしければチェックして下さいね。

クララスティルの効果

 

また、クララスティルと同じ成分で
同じ効果が期待できるジェネリックである
シーナック(C-NAC)も合わせて紹介しています。

ジェネリックですので
クララスティルに比べて安価なところが注目されています。

シーナック(C-NAC) の効果

 

白内障の進行を遅らせるのではなく
治療を目的としたNアセテルカルノシンには
やっぱり今後も注目していきたいですね。

Nアセテルカルノシンの注意点
ピレノキシン系目薬(カタリン・カリーユニ・ニットーなど)や抗酸化剤サプリメント(ルティン製剤・ゼアキサンチン製剤・アスタキサンチン製剤など)との併用はしないでください。他の医薬品や持病等がある方もご使用前に専門家に相談するようにしましょう。異常を感じた場合はすぐに使用をやめて医師・専門家に相談して下さい。