色素沈着 ハイドロキノンの効果 副作用は?

ハイドロキノンはメラニンの合成を抑え
チロシナーゼ酵素の活性を抑制します。

また、できてしまったメラニンを薄くする効果があると言われ
色素沈着のある部分やニキビ跡に効果があると言われています。

つまり、美白効果が期待できる
お肌の漂白剤的な位置づけとしてかなり有名です。

濃度が高い方が効果が期待できますが
かなりのきつい成分であるためにアメリカ食品医薬品局(FDA)では
2%以上の濃度は医師の診断が必要とされています。

日本では、規制緩和によって
ハイドロキノン配合量が5%未満はよいとされています。

ただ、上限が5%未満といっても
いきなり5%のクリームなどを使うのはやめましょう!

高濃度のハイドロキノン配合のクリームは
その分、副作用の可能性も高くなりますからね。

 

▼ハイドロキノンの副作用
ハイドロキノンの報告されている副作用としては
炎症、かぶれ、白斑といったものが挙げられます。

白斑とは、皮膚の一部が白く抜け落ちる症状です。

また、皮膚への刺激や赤みが出る場合もあり
その場合は使用をすぐにやめ医師に相談する必要があります。

特に、高濃度のハイドロキノンのクリーム等を使用しすぎると
白斑になる可能性が上がりますので注意が必要です。

 

▼ハイドロキノン製品の使用について
ハイドロキノンが配合されているクリームなどは
肌への刺激が懸念されますので、必ずバッチテストを行いましょう。

アレルギー反応をチェックするにもバッチテストは適しています。

耳の裏に少量のクリームを塗って1~2日様子を見て下さい。

ハイドロキノンの漂白効果はトレチノインと呼ばれる
ビタミンAの一種と併用することが一般的になってきています。

 

◎参考 ハイドロキノン 4% クリーム
ユークロマ

 

シミ・ソバカスの漂白には
ハイドロキノンのクリームはもはや定番です。

ただ、ご使用前には医師に相談し
安全性を確かめてから使用するようにしましょうね!