ビマトプロストとは?効果と副作用って?

ビマトプロストのまつ毛育毛についてや
副作用、もしくは失明の危機があるという意見も聞かれるため
気になる方も多いと思いますので掲載しておきますね。

ビマトプロストは米国アラガン社 ルミガンの成分として
そもそも緑内障治療や高眼圧治療剤として使用されていたものです。

ビマトプロストは「房水」の流出を促進する働きがあります。

「房水」とは、眼圧を保つために目の中に含まれる水分を指すのですが
房水が多すぎると眼圧がかなり上がるという事につながります。

ですので、ビマトプロストを使い水抜きし
眼圧を下げるという効果があるのです。

ビマトプロストの大きな特徴は、眼圧を下げる際
身体に深刻な副作用を起こさないことが魅力のひとつでした。

そして、緑内障の患者からの報告で
まつ毛が伸びたり、太くなってくるという副作用が報告され
まつ毛育毛・増毛がかなり注目されることになりました。

米国アラガン社はルミガンに無菌アプリケーター30日分を付属させた
まつ毛育毛に特化した製品「ラティッセ(ラティース)」を販売しており
いくつかのジェネリック医薬品も販売されています。

当サイトでも、ルミガン、ラティースや
ケアプロストなどのジェネリック医薬品の最安値情報を紹介しています。

 

 ルミガン

 ラティッセ/ラティース

 ケアプロスト

 ビマトアイドロップス

 

また、ビマトプロストに関して
いくつか質問がありましたので回答しておきますね。

 

ビマトプロストって本当にまつ毛育毛に効果があるの?
効果は人によって時間や結果の違いはありますが、多くの方がまつ毛が伸び、太くなる実感を得ているという報告を多く聞かれます。
ビマトプロストの副作用は?
報告されている副作用としては目のかゆみ、充血があります。皮膚につくとシミになる可能性があり目に入ると眼球の色が変化する可能性があるので目に入れないように、皮膚につかないようにしましょう。
ビマトプロストって失明の危険があるの?
以前、ジャンマリーニというまつ毛を増やす美容液に失明の危機があり、無許可でビマトプロストが含まれていたためにルミガンも失明するというような噂が立ちましたがルミガンはFDAに認可された正式な医薬品ですので失明の危険はありません。
使うのをやめるとどうなるの?
ルミガンやケアプロストを使用していた方の一部の意見を抜粋すると、使用をやめるとまつ毛が抜けかえの時に細くなって生えてくるという報告を受けています。これも人によっては効果が変わる可能性があります。

 

ビマトプロストの医薬品は
基本的にまつ毛の育毛や増毛の目的で使用する場合に限って
副作用はほとんど報告されていないのが現状です。

緑内障治療の目的でなければ絶対に点眼しないようにして
ご使用のさい、はみ出て皮膚についた場合はきれいにふき取れば
色素沈着の副作用も少なくなります。

丁寧に、落ち着いて使用することを心がけましょう。

ただ、副作用等は人によってさまざまです。

気になる症状が出た場合や身体に合わない場合は使用をやめて
すぐに医師に相談するようにしましょうね。

ビマトプロストの注意点
ビマトプロスト成分のまつ毛育毛薬は、正規の販売店で購入しましょう。使用方法をきちんと確認して使い、異常を感じた時にはすぐに医師に相談しましょう。