処方せん医薬品とは

処方せん医薬品とは薬事法に基づいて
厚生大臣が指定する種類の医薬品を指しています。

この処方せん医薬品は、医師の指導のものでなければ
適切な効果が作用しないというだけでなく
勝手な使用は危険を伴うというものを指しています。

販売業者は医師・歯科医・獣医師の処方せんおよび
支持を受けた人にしか処方せん医薬品の販売,授与が
できないとうものです。

ちなみに2005年4月の改正薬事法以前には
「要指示薬」という分類になっていました。

処方箋医薬品画像

さて、この処方せん医薬品の定義は

「いなかる事情があっても
薬局等で処方せん無しの販売を禁止し
違反行為には罰則が適用されるもの」

とされています。

以下の3要件のうち、少なくとも1つ以上満たすものが
処方せん医薬品に該当します。

 


医師等の診断に基づいて
適切に使用されなければ安全・有効に使用できない医薬品


定期的な医学的検査を行うなど
患者の状態を把握する必要がある医薬品


本来の目的以外に使用されるおそれがある医薬品

 

ちなみに薬事法は国内法ですので
一部の医薬品は海外輸入という形で購入することが可能です。

ただ、やはり副作用等の危険がありますので
まずはかかりつけの医師や薬剤師の指示を仰いでから
使用するという形が正しいものになります。

お薬の個人輸入をする場合は
しっかりとお薬の理解をして医師の指示に従い
自己責任の上で使用するようにしましょうね。