ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、ある製薬会社が開発した医薬品の
特許が切れた後に、他のメーカーが同じ有効成分で作ったお薬のことです。

先に開発された医薬品を先発医薬品と呼び
同じ有効成分で作った医薬品を後発医薬品とも呼びます。

後発医薬品は、欧米では一般名(generic name)で呼ばれている事も多く
『ジェネリック医薬品』と呼ばれています。

ジェネリック医薬品の大きな特徴は
先発医薬品と同じ効き目であると言われているにも関わらず
値段がぐっと安いというところでしょう。

医療費が高額である日本は
ジェネリック医薬品の普及を進めるべく
いろいろな政策を打ち出している現状でもあります。

さて、持病があったり長くお薬を処方しないダメな場合
同じ効き目であればできるだけ安いお薬の方がいいですよね?

そのような傾向から、医師で処方されたお薬に比べて
各段に値段が安くなるジェネリック医薬品を
個人輸入する方が多くなってきているという事です。

ただ、ちまたでは

ジェネリック医薬品はあくまで後発薬で
長年使われていた先発薬ではないので危険・・・

という声も聞かれますが
基本的には先発薬と同じ薬効成分を使って製造される医薬品ですし

中には先発薬の副作用を改良して
より副作用の少ないように開発されたお薬があるのも事実です。

ある意味
さらにお薬を進化させている場合もあるということですので
一概にジェネリック医薬品が危険という意見は疑問です。

持病のお持ちの方など
どうしてもお薬の長期服用が必要な方にとって
ジェネリック医薬品はとてもありがたい存在でしょう。

さらにジェネリック医薬品は
2年おきに価格の見直しがなされます。

ほとんどの場合は価格の見直しによって
さらに安くなるのが一般的です。

副作用もさほど出ずに安心して長期服用できている方は
2年おきに安くなるという事ですから経済的にもかなり嬉しいですよね。

注意点としては、やはり個人輸入の場合は
医師の相談のもと、購入するという事でしょう。

自分の判断や噂だけでお薬を購入することは
控えるように心がけましょうね。