女性の薄毛治療 びまん性脱毛症の原因と対策

髪女性画像01今回は女性の薄毛治療やびまん性脱毛症の改善・対策について、主な原因から見直しみましょう。

最近は、抜け毛や薄毛は男性だけの悩みではなくなって女性も薄毛で悩む方が多くなってきました。

女性にとって髪は命と言われていますのでとても大きなコンプレックスになってしまいますよね。

女性の薄毛の原因の多くは
頭髪全体が薄くなる『びまん性脱毛症』がほとんどです。

びまん性脱毛症は男性にはあまり見かけられず
女性がほとんどですので、女性特有の薄毛とも言われています。

そのびまん性脱毛症を治すには
原因を突き止めてそれを正すのが一番の対策になります。

ですので、まずはびまん性脱毛症の原因を知っておきましょう。

 

原因1:年齢

加齢が進むと、ある意味当然なのですが毛髪の活性も下がってきて毛髪を生成する毛母細胞の働きもだんだん低下してきます。
一般的には40歳をこえた頃からだんだん髪の毛の量が少なくなってきます。
加齢による薄毛は男女問わずに進んでいくものです。

原因2:ストレス

今の時代は昔に比べてると女性が外にでて働くのはある意味一般的になってきました。
大いに活躍する女性もたくさんおられるのですがその分、大きなストレスを抱える方も少なくありません。
ストレスは睡眠不足や生活習慣の乱れの元になりヘアサイクルの乱れに繋がっていきます。
実はこのストレスによる抜け毛や薄毛が現状ではかなり多いと言われています。

原因3:過度な洗髪

頭皮や髪を常に清潔にしておきたいと考えるのは正しいのですが<過度の洗髪は逆に頭皮を刺激しすぎて抜け毛に繋がります。
また、シャンプーの種類によっては水に溶けにくいものもあるのできちんと洗い流されず、頭皮に残ったままで毛穴を塞ぐ原因にもなります。

原因4:ムリなダイエット

食事制限のムリなダイエットは当然ながら栄養を摂らないことになりますので栄養不足になって抜け毛に繋がります。
絶食や極端な摂食や偏食は髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、ある日突然激しい抜け毛が起こったりする場合もあるので怖いです。

原因5:経口避妊薬(ピル)の使用

経口避妊薬(ピル)は「プロゲステロン」という女性ホルモンを摂取し続けるという事になるのですが摂取中は髪が成長しやすい作用が起こります。
ですので、経口避妊薬(ピル)の摂取を中止すると髪の毛の生成に影響が出てしまい抜け毛が起こりやすくなります。

 

以上がびまん性脱毛症になる主な原因になります。

過度なダイエットや過度な洗髪は
それをしなくなって気をつければ薄毛も治る可能性は高いですが

ストレスの場合は
今の生活環境も関係してきますので
なかなか簡単には解消できない場合が多いかもしれません。

また、加齢の場合は毛髪を生成する細胞自体の
元気がなくなってくるというものですので
自然では薄毛の対策や改善は難しくなるでしょう。

ですので、ウィッグなどを使用する方もおられますが
出来る事なら自分の髪をしっかりと増やしたいですよね?

当サイトでは、びまん性脱毛症の改善に有効だと言われている
『パントガール』を紹介しています。

 

 パントガール 効果 >>

 

薄毛の治療のため
クリニックで処方される事もあるパントガールですが
その値段に驚くはずです・・・

個人輸入であれば、価格がぐんと手頃になるので
じっくりとびまん性脱毛症の改善に取り組めますね。